【悲報】水素水の効果がなかった事が判明 それがわかっていても飲み続ける?

Beauty

たびたび話題になる水素水。みなさんはご存知ですか?

老化防止、がんの予防などさまざまな効果が謳われています。あれって本当なんでしょうか。

本記事では水素水の効果など、調べれば調べるほど怪しい水素水について考察していきたいと思います。

水素水とは?

水素水とはその名の通り、水素を高濃度で含んだ水のことです。ちなみに高濃度と言っても基準は存在せず、製造元によって濃度が異なるようです。

この水素水、少し前までスーパーでよく売られているのを見かけたという方は多いと思います。最近は少なくなりましたね。さまざまな健康効果を謳っていて、通常の水とは異なった健康飲料と言ったような形で売られていました。近ごろジムにもレンタルサーバーと言った形で置いてあったり、家庭用のレンタルサーバーもあるようですね。スーパーで売れなくなって、サーバーの事業に切り替えたんでしょうか。

水素水の効果

水素水にはアンチエイジング効果があるとされています。いわゆる抗酸化作用です。抗酸化作用とはビタミンCやポリフェノールのように活性酸素を体から取り除く働きを言います。この抗酸化作用によって老化防止、がんの予防などの効果があるとされています。

活性酸素とは

活性酸素とは人間がエネルギーを生成する際にできる反応性の高い酸素のことです。通常の呼吸によっても発生します。この活性酸素は適量であれば免疫機能などに使われていますが、一定量を上回る活性酸素が生成されると、細胞を障害し、がん、心血管疾患、生活習慣病の原因になります。簡単にいうと活性酸素が体内に多くなると身体が傷つき老化するということです。

活性酸素の過剰を酸化ストレスと言い、過剰な運動やストレス、喫煙などがリスク因子として挙げられます。

活性酸素と水素水

水素水が活性酸素を取り除くという科学的な根拠はありません。つまり飲んでも意味がないということです。普通の水と大差ありません。

科学的根拠がないのにもかかわらずここまで話題になるのはなぜでしょうか。

それは各社水素水メーカーが莫大な広告費を出し、水素水の健康効果を煽っていたためです。広告は人間の心理に漬け込んだ(悪く言い過ぎですが)ものが多く、使っていないとマズイ、持っていないと損するなどと言った感情にさせます。

そのような理由から過剰なまでの健康効果を謳い、製品の実態と乖離したものができあがってしまったのではないでしょうか。

国が水素水の効果を否定

こんな記事がありました。

水素水の生成器で合理的な根拠のない健康効果をうたったとして、消費者庁は30日、販売・レンタル会社4社に景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出したと発表した。水素水は「活性酸素を除去する」などと言われるが、人体での有効性について、国は「信頼できる十分なデータは見あたらない」としている。

https://www.asahi.com/articles/ASP3Z62SDP3ZUTIL02K.html

国から水素水の効果を明確に否定されてしまうと、水素水への消費者からの信頼は地へ落ちたも同然だと思います。

そもそも科学的根拠に基づいた表記をしていない、ということに問題がありますが、それに気づかない消費者にも問題はあります。

ぜひ、今回を機に正しい情報を読み解く力をつけていただければと思います。

まとめ

今回の記事から、水素水の効果がないということがわかっていただけたと思います。

私たちにまわりには水素水以外にも、過剰なまでの健康効果を謳った商品は数多く存在します。そのような商品に騙されないようにするには、やはり消費者が自分で考える力を持っていなければなりません。

健康食品を購入する際は何も考えずに購入するのではなく、インターネットで調べるだけでも変わってくると思います。そんなひと手間を加えて、信頼できる商品を購入できるようになってください。

コメント