【トレーニー必見】このタイミングで飲むしかない!プロテインを飲むタイミング3選 

Fitness

日々ジムに通い、トレーニングを続けている皆さん!正しいタイミングでプロテインを飲んでいますか?

正しいタイミングというと語弊があるかもしれませんが、プロテインを適切なタイミングで飲むことによってトレーニングの効果を最大限まで高める事ができます。

この段階で、わかっている、と言った感想を持つ方もいるかもしれません。ですが2番目はみなさんが考えているタイミングとは異なると思いますので必見です。

この記事ではトレーニングをしている方々へ、おすすめできるプロテインを飲むタイミングを3つご紹介します。

合わせて読みたい!

朝食の前

このタイミングは様々な本やホームページで紹介されていますね。私自身もこのタイミングは正しいと思います。朝は空腹状態のため身体はエネルギーを作ろうとして、筋肉を分解します。これを糖新生と言います。そのためいち早く身体に栄養素を入れてあげなければなりません。

糖新生を抑制するには糖質も同時に摂取する事が大切ですが、朝食前にタンパク質を摂取しておくことで、朝食の食べ過ぎを防ぐこともでき、タンパク質と同時に糖質を摂ることによってタンパク質の利用効率を高める事ができます。

そのため朝食前にプロテインを飲む事がおすすめです。

ここでの注意点は、朝食をプロテインのみに置き換えてしまうという事です。先述の通りタンパク質は糖質とともに摂取するべきなので、粉飴(マルトデキストリン)などの糖質をプロテインに混ぜて飲むのがおすすめです。

大量のタンパク質のみを摂取してしまうと肝臓に負担がかかりますので注意してください。

トレーニング前

トレーニング後ではありません。トレーニング前です。

トレーニングの1時間程度前にマルトデキストリンを混ぜたプロテインを飲みましょう。そうすることで、トレーニングをしている際、血中アミノ酸濃度が高まり、効率の良いトレーニングをする事ができます。また、タンパク質はすぐに吸収されるわけではないので、トレーニング後まで血中アミノ酸濃度が持続します。このアミノ酸が筋肉を作るので、効率的にトレーニングを行う事ができます。

通常トレーニング後にプロテインを飲むのが一般的ですが、トレーニング直後は交感神経が優位になっていて消化管の活動が低下しているため、すぐに筋肉に栄養を届けるという意味では効率的とは言えません。普通の食事と大差ないと思います。

寝る前

寝る前は安定ですね。ですが疎かにしている人も多いと思います。

寝ている時も朝食前と同様に、飢餓状態となり、筋肉の分解が進んでしまいます。さらに寝ている時は筋肉が大きくなるタイミングでもあるので、この状態の時にタンパク質が不足しているのは、もったいないとしか言いようがありません。

そのため寝る前にプロテインを飲むことをおすすめします。ここでも同様にマルトデキストリンを混ぜて飲んでいただくのがおすすめです。

ここでの注意点は夕食後、すぐにプロテインを飲まず2時間から3時間程度の時間をあけることです。食事が胃の中からなくなってからプロテインを飲むのが望ましいためです。一回の食事で吸収できるタンパク質は30gから40gと言われているので、胃の中に食事が残ったままプロテインを飲んでしまうと吸収されずに排泄されてしまう可能性があります。

まとめ

これら3つのタイミングでプロテインを飲むのがおすすめです。プロテインは一回分でタンパク質20gから30gのものが多いので、一日2回から3回を体重×2gになるように調整しながら飲むようにしましょう。多すぎても少なすぎてもダメです。

ちょうど良い量をプロテインで補い、調整しながら飲むようにしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました