経年変化が楽しみな『TORY Leather』フックバックルベルトをご紹介! ブライドルレザーを使用した、まさに一生モノのベルト!ブライドルレザーの耐久性はどうなの?

Fashion

今回は『TORY Leather』のフックバックルベルトを紹介したいと思います。

トリーレザーのフックバックルベルトといえば、ファッションYouTuberのハズムさんが紹介していて話題になっていましたね。ハズムさんは経年変化がお好きと言うことで私とも共通点があり内容も面白いため、よく拝見させて頂いております。動画をみてしまうとどれも欲しくなってしまいます(笑)

トリーレザーは1976年に馬具のメーカーとしてアメリカで創業したブランドです。自社工場を持っており、職人のハンドメイドでMade in USAにこだわっています。レザーは革に何度もロウを塗り込み、手間暇かけて作られる、イギリスのブライドルレザーを使用しています。ブライドルレザーは高級感がありながら、耐久性にも優れているため長く愛用することができます。使い込んでいくごとにどんどんツヤが出てくるため経年変化を楽しむことができます。

今回購入したベルトがこちらです。

全体像はこんな感じです。

ベルトの裏面には品番、ブランドロゴと使用しているレザーの種類、製造国、サイズが表記されています。

サイズについては34サイズを選択しました。普段はW32~33のボトムスを履いています。34サイズでループの外側から二番目を使用しています。

このようにバックルをループにひっかけて使用します。バックルは真鍮で作られているため初めはピカピカですが、使い込んでいくうちに落ち着いた表情に変化していくそうです。そのような変化も楽しみですね。

このループにバックルをひっかけるのですが、初めは革が硬すぎて製造時のミスによってサイズがあっていないんじゃないかと思うほどでした(笑)

現在では少し柔らかくなり初めよりはひっかけやすくはなっていますが、やはりまだまだ硬いです。使い込んでいくうちにどんどん使いやすくなっていくと思います。

これから使い込んでいくうちにこのベルトがどんな表情を示し、どのように経年変化していくのか、とても楽しみです。

コメント