【後悔する前に!!】管理栄養士養成課程の大学、専門学校への進学を決める前に“たった一つ”考るべきこととは?

Column

今回は、「管理栄養士を目指す大学や専門学校への進学を決める前にやること」として、管理栄養士養成課程の大学を卒業した僕の意見を“1つだけ”書きます。

これから管理栄養士を目指そうと考えている方や、管理栄養士を目指せる大学、専門学校へ進学しようとしているみなさんが、自分の進路を見直し、後悔しない選択ができるよう、少しでも参考になれば幸いです。

ではさっそく、本題に入ります。

管理栄養士の学校に進学すると決めた、もしくは考えた時に僕がお勧めするのは、

「管理栄養士の資格を、自分の将来にどう生かすか明確にすること」です。

「そんなの当たり前やん!?」って感じですよね。

でも意外とこれ、ちゃんとできてる人少ないと思います。

僕自身も、大学入学前の面接では「管理栄養士になって、病院で働きたい!」と言う意思を表明しましたが、今考えるとそれは建前に過ぎませんでした。

なぜ管理栄養士になって病院で働きたいのか、“本当に”そう思っているのか、環境に流されていないか、あまり考えられていなかったです。

大学在学中の頃、「なんで管理栄養士になろうと思ったの?」と素朴な疑問を何人かの友人に聞いたことがありますが、「食べることが好きだから」「手に職がつくから」「親が大学を勧めてきた」「やりたいことがなかったからとりあえず進学した」など、明確な理由がないまま進学した人は多くいました。

「資格とったら就職に有利かも!」「美容と食事に興味があるから、管理栄養士の勉強楽しそう!」と言った理由も、良い動機とは言えません。

自分がやりたいこと、なりたいものに管理栄養士の免許は本当に必要なのか。それをよく考える必要があります。

ではなぜ、「明確な理由をもつ」ことがそこまで重要なのか。

もうすでにわかる方もいると思いますが、

明確な理由(目標)がないと、学生生活におけるモチベーションを失い、多大な勉強量、課題地獄など、学業の面で苦しくなってしまう可能性が高いからです。

勉強に身が入らず、管理栄養士の資格取得を諦めたり、管理栄養士とは関係ない仕事についたりして、「結局、管理栄養士じゃなくても良かったな〜」なんてことになってしまいます。

逆に、管理栄養士になった後の自分に明確な目標があれば、それをモチベーションに学業を頑張ることができますよね。

ここまでお話すると、

「明確な理由がなければ管理栄養士になっちゃいけないのか!!」

「進学前からそんな先のことまで考えられない!!」

と感じる方もいると思いますが、これはあくまで自分の進路を見つめ直すきっかけに考えて欲しいことなので、「明確な理由もなく入学してはいけない」と言うことではありません。

自分が100%の気持ちで選択したのであれば、それ以上の選択肢はないですよね。

しかし、もしもやりたいことが見つからず、「なんとなく興味がある管理栄養士」になるために進学を考えている方は、後悔を避けるためにも、今一度自分が管理栄養士になって何がしたいのか、考えてみることをお勧めします。

慎重に考えた結果入学したとしても、在学中思いがけない出会いがあって、他の職業に魅力を感じたり、新しい夢ができることももちろんあると思います。

そこで、管理栄養士になるか、思い切って別の進路に目を向けるか、それはどちらが正しいと言うわけではないので、自分の気持ちや、自分を取り巻く様々な環境と向き合って考えてみましょう。

ぜひ、自分の選んだ道が良かったと思えるよう、考えを深めてみてください。応援してます!!

現在管理栄養士国家試験に向けて勉強している方は、こちらも参考にしてください!https://fuumagazine.com/2021/03/31/管理栄養士国家試験の勉強はいつから始めればい/

コメント