【知らないと損!】酒好き必見!管理栄養士が実践している“二日酔い”対策

Health

お酒をよく飲む者にとって二日酔いとは切っても切れない縁にあると思います。

次の日の辛い二日酔い、できることならなりたくないと思いますよね。いや、絶対になりたくないですよね。

そこで、今回はそんな二日酔いになる可能性を限りなく低くするための対策をお伝えします。

二日酔いとは

アルコールは体内に入ると胃や小腸から速やかに吸収され、肝臓で代謝されます。

その際、副産物としてアセトアルデヒドという物質が生成されます。このアセトアルデヒドが人体に有害な物質で、吐き気、頭痛などの不快な症状である二日酔いを引き起こします。

アセトアルデヒドはタバコにも含まれていることから、有害であるということがわかっていただけると思います。

また、アセトアルデヒドはヒトへの発癌性が疑われているということは、ぜひ覚えておいていただきたいです。

二日酔い対策

結論から言うと、二日酔いになってしまってから速やかに治す方法はありません。

いくら飲んだとしても、その日のうちに対策をすることで、二日酔いになりにくくすることができます。

これからお伝えする方法は実際に筆者も行っていますが、確かな効果を実感できています。

経口補水液を2〜3本飲む

アルコールを摂取すると、水分の排泄が増える影響で身体の水分がものすごく不足し、脱水状態になります。

その際、普通の水を飲む方が多いかもしれません。普通の水でもある程度は対策になりますが、これを経口補水液に置き変える事で対策の質を高めることができます。

経口補水液は人の体液の濃度と同じ濃度に調整されている飲料で、速やかに吸収されるようになっています。そのため脱水している状態の時に最適な飲料です。

飲むタイミングは飲み会の最中に1本飲むことが良いですが、雰囲気的に飲みにくいと思われる方も多いかもしれません。筆者もそう考えてしまう時があります。

そのようなときは飲み会が終わってすぐに1本、帰ってから1本、寝る前に1本と間隔を開けて飲むことをおすすめします。飲み会中は水などのアルコールが含まれていない飲料を挟みながらお酒を楽しむようにすると良いでしょう。

このように経口補水液を飲んで効果的に水分を摂取し、身体の水分の不足を防ぎましょう。

もし、経口補水液を入手しづらい場合はポカリスエット、アクエリアスなどのスポーツ飲料で代用するのも一つの方法です。

ぜひ実践してみてください。次の日の朝の寝起きが普段と違うことを実感できるはずです。

ビタミンB1を意識して摂取する

お酒を飲んでアルコールを分解する際、ビタミンB1を大量に消費します。そのためビタミンB1が不足している状態ではアルコールの分解が遅くなってしまうことが考えられます。また、その際に肝臓に負担がかかってしまうなどの弊害も考えられます。

そのようにならないためにビタミンB1を多く摂取することが望ましいです。特に飲み会の前に摂取しておくと良いでしょう。手っ取り早く摂取するためにはやはり栄養ドリンクがおすすめです。

ビタミンB1は日頃から摂取することが必須な栄養素のため、食事から十分に摂取できるようにしておくのがおすすめです。

食材だと、豚肉やレバー、玄米に多く含まれています。これらの食材を用いたおつまみを選ぶのも一つの対策になります。

意識して摂取するように心がけてみましょう。

まとめ

これらのことを実践すれば二日酔いになる可能性を低くすることができます。

飲みすぎてしまうのもわかりますが週に2〜3回は休肝日を作ることも忘れないようにしてください。毎日飲んでしまうと肝臓に負担がかかり、肝障害に繋がってしまうことも考えられます。

このように身体を労ってあげながらお酒を楽しんでもらえればと思います。

参考文献

アルコールの吸収と分解 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

アルコールの吸収と分解
体内に摂取されたアルコールは、胃および小腸上部で吸収されます。吸収は全般的に速く、消化管内のアルコールは飲酒後1~2時間でほぼ吸収されます。吸収とともに分解も速やかに開始されます。アルコール分解の最初のステップは主に肝臓で行なわれ、その後は筋肉が主体となります。 飲酒後血中濃度のピークは30分~2時間後に現れ、その後...

コメント